わきがの悩みを持つ人なら一度は考える手術について、費用や入院など手術前に知っておきたいことを簡単にまとめてみました。

費用について

わきが手術の費用は、保険が適用されるか、自費診療かで大きく違ってきます。

reten01-008保険適用
両脇で約5万円が相場
※ただし、入院する場合には、約10万円前後が相場となっています。

reten01-008自費診療
両脇で約20万~30万が相場

このようにかなり費用に差があるので、できれば保険で手術を受けたいと考えますよね。

保険による診療が可能なのは?

reten01-008保険診療を行っている病院
わきが手術に関して保険診療を行っている病院を選ぶことです。当たり前と言えばそうなのですが、クリニックや美容外科によっては一切保険が使えないところもあるので、事前に調べておきましょう。

reten01-008保険が適用される手術方法
手術の方法によって保険が適用されるものとそうでない場合があります。最もポピュラーな手術法である剪除法(せんじょほう)は保険適用が認められています。

reten01-008医師の判断
わきがの症状によって医師が保険の適用を認めるかどうか

これは医師の判断次第になるので実際に診察を受けてみないと何とも言えませんが、保険で手術を受けたい場合には、まずは保険を適用してくれる病院を探すことから始まります。

わきが手術に入院は必要?

基本的には3日前後の入院が必要と言われています。

これは術後に、血種が発生する可能性があり、適切な処置を施さないと皮膚が壊死する恐れがあるためです。

血種とは、皮膚の下に血液が溜まり、腫瘍のように膨らむ症状です。

そうでなくても、術後は痛みや安静が必要になるので、入院してケアを受けるのが安心といえます。

どうしても入院が難しい場合、家の近くの病院なら、相談すれば日帰りが認められることもありますが、術後の自己管理や通院が必要になります。

q1では、手術を受ければ、完全に無臭になるのでしょうか?

q2残念ながら完全に無臭になることはないそうです。

手術前よりもニオイが軽減されるくらいに思っていた方がいいそうです。

また、医師の技術次第で結果に差がでる場合もあるので、腕のいい信頼できる医師を探すことが重要になります。

q1傷跡は残るの?

q2傷跡が残る可能性はあるそうです。

大抵の場合は、時間の経過と共にほぼ目立たない状態になりますが、多少残ってしまう人もいます。

このように手術にはさまざまなリスクが伴います。高額な費用をかけて、痛い思いまでして、もし治らなければ、精神的な負担も決して小さくありません。

手術を考える前に、わきが専用のクリームでケアをしてみませんか。

簡単・低コスト・効果あり>>評判のわきがクリームはこちら